大山奈々子
大山奈々子大山奈々子

小机駅ソロ宣伝 &港北区議員団会議

NEWブログコメント0

月曜10日の小机駅宣伝はもともと態勢がとれなかったのですが、それでも他の地域から応援するよと言ってくださった方があったのに、前夜に雨予報を見て翌朝は中止にしましょうと連絡しました。半ばほっとしながら。私は街頭宣伝がとても好きなんだと思います。宣伝が終わるとすがすがしい気持ちになるので、でも雨で中止だなとなるとそればそれで嬉しいという自己矛盾。

で。小机駅はお天気雨で家の中から見た限りでは晴れたのかとだまされてしまい、まあ、ボッチ宣伝になるけどいくか、と届けていただいていた配布資料を折り、ノボリを掲げるための伸縮ポールとインカムをもってでかけたら、実はなかなかの雨。庇のある部分の下で配ればいいかと、配布を始めました。市政や県政国政の話を思いつくままに話しつつ、45分で20部まけました。一人だと哀れに見えるのか(笑)よく手を出していただけます。そして団会議へ

本日11日は港北区議員団会議。市議県議馨12人が集まって港北区の各課から報告を聴きます。議員になった当初はシャンシャンと報告だけ聞く会議に驚きましたが、県議にとっては直接、市とやり取りできる数少ないチャンス。今回も改善要望を伝えました。この議員団会議の議事録が議事録とは名ばかりの審議項目だけ並べた者なので簡単に他会派の発言内容も載せます。

■福地茂(自民)市議:

ふるさと港北まつりが横浜アリーナでできるようになって喜びの声をたくさん聴く。ただ火を使うアリーナ外との一体感がないので工夫を。

■大山奈々子(共産党)県議

●ミズキーホール(3月にオープンした区民会館)について。車いす席の利用がオープニングの日だけと報告をうけた。施設概要に案内が2席としか書いていない。

せっかく可動席8席を確保してくださったのに、2席だけかと思わせ、入口のところで諦めさせる。パンフレットには米粒の4分の1ほどの字でご相談を、とかいてくれていたが、障がい者の方の社会参加を促進するためにもこの車いす席の周知は広く工夫してください。

A:周知について考えていく

●唯一の新幹線駅をもつ行政区としての自負が語られたが、私は新横浜に住んでいてとても使いづらい駅だと思っている。トイレの案内もわかりづらく、一か所で長蛇の列になっている。また日吉駅に行くにはどこから乗るのかと聞かれたりもする。案内表示が少ない。わかりづらい。そしてベンチも一つもない。

事業者にお願いすべきか悩ましいが港北区としても意見を伝えてほしい。

A:鉄道事業者と定期的に会議を持つのでその場で港北区からも意見を伝えたい。

■白井まさこ(共産党)市議

ミズキーホール、予約確認の提出書類か免許証かマイナンバーカードかとなっている。5人以上の連名が求められる。予約しにくいという声が届いているか

A:指定管理者等にそういう声が届いていない

予約に当たっては今までは、神奈川区のかなっくや鶴見区のサルビアホールでで今までで使えていたものでは登録できなくなっている。健康保険証で予約確認できるように範囲を拡大できないか。

A:予約システムは全市的なシステム システムの所管に港北として伝える

■大山しょうじ(維新)市議

ミズキーホールの完成で港北公会堂の利用状況はどうか、ホール周辺の交通渋滞などの状況は?

A:把握するようにする。

この会議を生かしていくためにも区民の皆さんからのお声をお待ちしています。


コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA