大山奈々子
大山奈々子大山奈々子

最新コメント

  1. 第29回党大会が終わりました 田村智子新委員長誕生。(投稿元)
    津田重昭より

    大山さん頑張ってくださいね。私が尊敬する宮本顕治さんも最初は少数派だったそうですね。自分達に都合の悪い意見や耳の痛い話は無視する、排除していては組織の発展はありません。社会から排除されている人々にとって日本共産党は希望の星です。だからこそ自分達は決して排除することはしないとの確固とした立場に立って欲しいのです。今の党のあり方を批判していても反共産党でない人はたくさんいますよ。

  2. 第29回党大会が終わりました 田村智子新委員長誕生。(投稿元)
    平山基生より

    先にお送りしましたコメントは、公開するには、まだ、時期そうしょうかと思いますので、とりあえず、非公開でお願いします。

  3. 第29回党大会が終わりました 田村智子新委員長誕生。(投稿元)
    高根 三咲より

    初めまして。大会に参加されお疲れ様でした。SNSなどでいろいろと大山さんへのデマや嘘には腹が立ちます。「女性があのような発言したから一言言ってやろう」みたいな発信もあったように感じています。でも、元気そうで安心しました。これからも応援していますね。

  4. 第29回党大会が終わりました 田村智子新委員長誕生。(投稿元)
    ケンタより

    はじめまして
    今注目の大山県議がどういうブログを書くのか興味があって読みました
    やっぱり騒動の鎮静化を図りますか?
    原田都議のTweetに割りいったTweet見ました
    鎌倉市議もコメントしてましたね

    なんだか優等生的なブログで残念
    大会発言に一切後悔はないのでは?

  5. 松竹さん問題から考える(投稿元)
    若杉登志美より

    頑張ってください。絶対に離党しないで下さい。党内で頑張っている一党員より。

  6. 松竹さん問題から考える(投稿元)
    西野一雄より

    しんぶん赤旗で、大山奈々子さんの発言を読みました。

    発言の趣旨は、松竹氏の除名処分が妥当かと読めましたが、大山さんの真意はそこではなく、松竹処分に伴う党からの情報発信の仕方が、「共産党怖い」「独善的だ」などという印象を与える結果になってしまっているのではないか(それはよろしくないのではないか)という問題提起にあると想像しました。(この部分の解釈が違っているなら、以下の文章は無意味ですので、ご指摘ください)。

    そして、大山さんの発言に引き続いて(新聞紙上ではそう見えました)3名のかたがたから次々と発言批判が寄せられ、「寄ってたかって叩く」ような様相を呈しました。これでは、「異論を許さない党内環境」だと思われても仕方のないような雰囲気です。3人の方々の発言は、「松竹氏の処分は妥当である」という反論になっており、私の解釈による、「党に対する印象」がどうなっているのかという角度からの掘り下げが全くされませんでした。この点が、私には残念であり、大山さんもこの点を強調する発言内容にすべきだったのではないかと感じました。(松竹問題に対する処分の妥当性については、本人からの再審査請求に基づき、別途報告され、承認されているので、ことさらに取り上げなければならない問題ではなかったはずです……取り上げるとすれば、報告では触れられていなかった、処分の重い軽いの妥当性の問題ぐらいでしょう)

    そして、最終日の「結語」で、田村副委員長(現委員長)からの批判がありましたが、これはますますいただけません。結語という反論が許されない場面で、個別の発言に対してあれこれ批判をするというのは、批判を許さない体質だとアピールしているようなものです。そうではなく、大山さんの発言を契機として、党内の民主主義、ことに異論や疑問などの発言の場の保障をどう発展させていくかについて、もっと掘り下げていきましょう、という問題提起であるべきだったと思います。ネット時代なのですから、党内SNSなどの環境を整備して、質疑や意見交換、さらに経験交流など、活発に進められるような方向で、考えていけないものでしょうか(さらに、党外へも広げていければ、なおいいでしょう)。

    ※なお、再審査請求に対する報告や、京都の代議員の発言内容から推察するに、松竹氏に規約違反があったことは間違いないようですので、何らかの処分がなされたことについては、むしろ当然のことだったのではないかという気がします。ただ、処分理由の中に、松竹氏の主張内容が含まれているのは妥当ではないと思います(この点は大山さんの発言でも触れられていたと思います)。例えば、安保を容認するという主張が受け入れがたいものであったとしても、そういった異論・少数意見を(党内で)表明すること自体は問題ではなく、それを党内の会議などで行わずに、党外の出版等によったという一点が問題視されるべきだったと思います。異論については、むしろ「党内では、こういう場で異論を出せるし、実際にそうやって討論しているよ」というような「事実をもって反論する」やり方を模索すべきではなかったかと思います。そういう意味で、党内外の意見交換の場を、もっと格段に拡げることができないものかと思う次第です。

    長文、どうも失礼いたしました。

  7. 松竹さん問題から考える(投稿元)
    KYより

    静岡県在住の日本共産党員です。
    第29回党大会における大山議員の発言に賛同します。
    理論的には党本部の主張は正しいと思われますが、
    赤旗日刊紙を読んでいる党員ならまだしも、
    一般の支持者や国民は、感覚的に除名処分は厳しすぎると
    感じたのではないでしょうか?
    大山さんも、その点を訴えたのでは?
    確かに党員が党外から公然と党を批判するするのは許せない行為です。
    しかしながら党としては、その主張に対して正々堂々と反論し、
    相手に自粛を求めていく、今回その対応が欲しかった。
    大山さん、これにめげずに党で頑張って下さい。
    応援しています。

  8. 受験生を狙った痴漢の加害防止と被害救済の強化に関する申し入れ(投稿元)
    若井直人より

    あなたのせいで、ますます共産党に対する攻撃が強くなって党勢拡大ができないじゃないですか!なんてことをしてくれたんですか!

  9. 神奈川県動物愛護協会の移転問題(投稿元)
    大山奈々子より

    shinasadaさま

    会長と連絡がつきました。会のHPにも載っていますが、クラウドファンディングは無事目標を達成して終了したようです。よかったです。

    がしかし移転に至る経過は明らかに行政の不正な判断があったとおもわれるのですが、このまま引っ越しになりそうです。訴訟には時間も手間もかかりますからね…

  10. 松竹さん問題から考える(投稿元)
    大山奈々子より

    確かに規約は守られなければなりませんね。

  11. 松竹さん問題から考える(投稿元)
    正木より

    お疲れさまです。

    ブログで他の組織のことを曖昧な表現で民主的でない様なところもあるという趣旨をのべるのはいかがなものでしょうか。書かれているように共産党もミスや間違いおすることもある人間の集団ではありますが、綱領と規約で団結していることが最大の自由と民主主義の保証ではないでしょうか。やはり規約を守れない方は相容れないのではないでしょうか。

  12. 神奈川県動物愛護協会の移転問題(投稿元)
    大山奈々子より

    市役所にも協会のみなさんとともに出向き、市にも県にも働きかけました。
    明らかに行政の手続きがおかしいのですが、いかんともしがたく…、
    会長さんとご相談をしてきました。
    法律的なご相談の窓口もご紹介しています。
    最近の経過は未確認です。
    県が勝手に回答期限を区切ってきたときは、あまりに拙速だと、延長させました。
    クラファン支援したいと考えましたが、区内の団体への寄付は
    公選法に抵触しますのでできません。
    現状どうなっているか改めて確認したいと思います。

  13. 「理想は共産主義社会」!キタ━(゚∀゚)━!(投稿元)
    大山奈々子より

    池田様

    それは失礼しました。どのような嫌がらせだったのでしょうか…
    私たちは国民の苦難軽減を目的として集まっている政党です。
    少しでも活動などお知らせしたくて訪問させていただき、チラシをお渡し
    することはありますが、断る方にまで文書をお渡しすることは考えられません…

    何かの行き違いがあったものと思われます。どちらの地域ですか。
    私の方から確認いたしましょうか。
    コメントは非公開にしますので詳しい中身やお住いの街情報を教えていただけると
    助かります。よろしくお願いいたします。