大山奈々子
大山奈々子大山奈々子

2024年を迎えて

ブログコメント1

クリスマス以来書いていませんでした…2023年の今年の漢字は「税」だったという。私自身はというとの昨年の一時は「混」。地方選に向けて怒涛のような日々、議席をいただいてまた怒涛のような日々、line公式と、X、インスタ、TikTok、奈々子リポート、議会報告、地元広報誌二種と私の発信ツールが多すぎてどれもが中途半端で溺れるような不安の中にいます。これを制御することが私の今年の抱負になります。

新年は能登半島の地震に始まり、悪政と天災のダブルの被害の中にいる方たちに政治は何をすべきか、国民の苦難軽減をミッションとした日本共産党が伸びなければならないと思いつつ。

1月9日、『20歳の市民を祝うつどい』で聞いた横浜市の20代の2023年の地方選投票率が25.1%と聞いて唖然としつつ、社会を変えるヒントはここにあると確信しました。つどいが開かれた横浜アリーナでは館内放送で若者が選挙に行かなかった理由を実行委員がアナウンスしていました。①当日用事があった②投票したいと思える候補者がいなかった③選挙に関心がなかった。①について期日前投票を呼び掛けておられました。②は候補者としてすみませんねーと言わざるを得ないけれども。

投票率全世代平均でも48.5%。二人に一人が無責任。と有権者に媚びず、言っていこうと思います。もちろん身体的事情でいかんともしがたい方もいらっしゃるでしょう。しかし、子どもが自殺しなければならない社会、結婚や出産が選択肢にもできない社会、望む進路を選べない社会、若者が戦争に取られるかもしれない社会、働いても暮らしが楽にならない社会、人が物のように使い捨てられる社会、年を取っても働き続けなければならない社会、これを変える力は1票1票でしかないのだと自他に厳しくこの社会に責任を持つ主権者でありたいと思います。今年もよろしくお願いいたします。


コメント投稿フォーム
※コメントは、スパム対策のため、一度内容を確認したうえで公開させていただいています。公開まで時間がかかるときもありますが、ご了承ください。メールアドレスは公開されません。
必須

CAPTCHA